top of page

新製品 “Dr. Tool”(ドクター・ツール)のご紹介

Dr. Toolは工作機械や工具の破損・予兆検知*1を行うAI/IoTソリューションです。BridgƎ事業部が提供するソリューションの第1弾であり、工作機械の稼働状況のリアルタイム見える化+機械・工具の状態管理が可能となります。


*1 予兆検知機能は今後搭載予定です。



 

【特長】

  • 工作機械や工具の破損・予兆を検知

  • 工作機械の稼働状況を見える化

  • メーカー不問ですべての工作機械で利用可能

  • PC不要、開梱から設置まで約15分

  • 暗号通信による高度なセキュリティ確保

 



 

■Dr. Tool Webサイトはこちら

 


 

■機械停止と稼働監視

刃物の摩耗や破損を検知し次第、以下のアクションが可能です。

  1. 機械の操作盤にアラームを表示して機械停止。

  2. 検知状況をDr. Toolの画面およびメールにて通知。




■φ0.5までの小径ドリルでも破損検知が可能

頻繁に折れやすいφ3.0以下(φ0.5まで)の小径ドリルでも、Dr. Toolなら非接触測定で工具の状態監視が可能です。

これまで小径ドリルの破損が招いていた「材料のムダ・歩留まりの悪化・納期遅れ」といった現場課題を解消します。



 

■代表取締役社長 中村匠吾からのコメント

BridgƎ事業は「現場の想いを現実に」を合言葉に、製造業で未活用のデータを活用して、現場に貢献する価値を生み出す事業です。中村留の機械で培ってきた制御、ソフトウェア技術を中村留以外にも活用できるように製品化することで、より多くの現場をサポートできると確信しております。機械と工具の破損を検知するシステムである本日発表のDr. Toolをスタートとして、AI・IoTの最先端のテクノロジーを活かし、お客様が体感できる付加価値の高い製品を世の中に打ち出していきます。是非私たちの新たな取り組みを楽しんでいただければ幸いです。


 

■製品概要

製品名:Dr. Tool

定価:約120万円(税抜、対象装置の構成による)

発売日:2024年 5月 1日

 


■お問い合わせやご相談はこちら

 



【会社概要】

会社名:中村留精密工業株式会社

所在地:石川県白山市熱野町ロ15番地

代表者:代表取締役社長 中村匠吾

設立:1960年12月

事業内容:複合加工機、複合精密CNC旋盤

 

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】

中村留精密工業株式会社 Bridg3事業部

TEL:076-273-1113

関連記事

製造ソリューション事業 “BridgƎ”(ブリッジ)サービス開始のご案内

2024年4月1日より、中村留精密工業株式会社(石川県白山市、代表取締役社長:中村匠吾)は、製造ソリューション事業“BridgƎ”(ブリッジ)のサービスを開始いたします。BridgƎはAI/IoTソリューションの企画・開発・製造・販売を主とする、まったく新しい事業部です。世界から評価の高い中村留の工作機械+ソフトウェア技術を核とし、製造現場の負担軽減を目指すために、さまざまなAI/IoTソリューシ

Kommentare


bottom of page